萩原高の眼

フォントサイズ
  • フォントサイズを大きくする
  • デフォルトフォントサイズ
  • フォントサイズを小さく
Home 続クルーズ日誌 060608大西洋カリブ
続クルーズ日誌
2014年 9月 29日(月曜日) 21:57

060608大西洋カリブ

060610 カリブ海
まだ揺れは残っている。しかし、日射しは強くなってきた。当然だろう。既に、鹿児島の経度に近い。気温も20℃にはなっているだろう。
八点鐘の鐘は、本日、西出さんだと本人から聞かされていた。キャプテンアナウンスは、やはり、気温20℃だった。
 
『にっぽん丸はバハマ諸島ナッソーの北東、490海里(907km)を航行中です。
バミューダを出港してからコズメルまで急いでいる理由は、バハマ諸島からフロリダやキューバの沖合いを流れる、強いメキシコ湾流、フロリダ海流、北大西洋海流域を航行しなければならないからです。明日の昼頃、バハマ諸島沖に到達し、カリブ海に入ります。

地球の創世記、大陸のプレートに地殻変動があった時、初めはくっついていた北米・南米とアフリカ大陸が離れていきました。
世界地図で大陸の形を見るとよくわかります。アフリカ大陸の西側、モロッコからモーリタリア、シェラレオネの辺りが、カリブ海にあたります。

このカリブ海は、大航海時代にスペインやポルトガルなどの西欧諸国による覇権争いの舞台でした。その海域に、にっぽん丸は入っていきます。
その昔、アフリカ のセネガルの沖にある島国「カーボベルデ」を基点にして、西側1,800kmを通る子午線より西側は、スペイン領土、東側はポルトガルという協定が結ばれたそうです。
これにより、ブラジルはポルトガル語、南米大陸の西側の国はスペイン語というふうに分かれたわけです。カーボベルデの「カーボ」の意味は「岬」で す。

400年から500年前、西欧諸国の覇権争いの中、カリブの海賊が横行していた時代の西インド諸島に思いを馳せながら、本日も航海を楽しんでください。』



朝食は、両切りのパンに野菜やスパニッシュオムレツを挟んで食べた。
これまでずっと、腸には負担のかからないオートミルだったが、腹持ちがないので、食パンを日替わりに食べている。今日のヨーグルトは、実に美味かった。日本で好んで買っているジャージー乳牛のヨーグルトに近い味だった。ニューヨークで積んだのなら、しばらくは、この美味いヨーグルトを食べられる。


日射しを期待して、ネックカバーのキャップを頭に、デッキゴルフに向かう。美子さんとは色違いである。知らない人が見たら、夫婦と思うかもしれない。

デッキゴルフのスティックとパックがすべて新品になっていた。曲がったスティック、割れたパックを知った久慈目パーサーが甲板部に頼んで、新たに削り造ってくれたのだ。
喜んだものの、初打ちに奇妙な声があちこちで上がる。僕も打ってみた。あっと声が出る。新しいスティックが重いのか、パックが重い。思うような距離が出ない。失速という言葉が当たる。
どうやら、パックを塗ったエナメル塗料の重さで、いつもの調子が狂うのだ。

全ホール全員上がりでスタート。白組が、山縣、工藤、菅井、萩原、高嵜に対し赤組は、松田夫妻、菅谷、中島、西出。新しいパックにフィットしているのは、山縣、中島、ミセス中島と、余り力を入れないで打つタイプで、強打タイプには、応えてくれないようだ。それが証拠に、転がりとなる割合が少ない。ジャストミートを心がけることだ。

赤優勢で進んだが、権利玉になってからの白の攻撃が功を奏して、勝つ。
高嵜、菅井、菅谷3氏は亀井教授の講義を聞くため退出。

2回戦は、白組、山縣、工藤、西出、萩原対赤組、横田、松田、中島で、残り1パックを順打ちとした。8人のゲームは、やはり面白い。
最後に横田さん独りに対して、我々は西出、工藤の3人で対抗。横田さんを僕が打ち出しておいて3人が上がった。
久しぶりの連勝だった。

11時30分からは、7階のフィットネスルームで、久しぶりのアエロウオーカーと、床運動器具を使っての腹筋運動をした。久しぶりの汗だった。シャワーを浴びて、ゆっくりと13時に昼食をとった。

午後は久しぶりにゆっくりした時間となった。妻は微睡んでいる。僕はPCに打ち込んでいる。

15時、1ヶ月ぶりの血液検査に1階の医務室へ向かう。BUN値を計って貰うのだ。期末試験の発表のようなものだ。田村ドクターは、そうか、もう1ヶ月が過ぎましたかと腕に注射針を打ち、大久保ナースは早いですねといいながら、診察に来ていたフォードルフィンのバンドメンバーの一人に、なんもゆうこと聞いてくれてないわと、コンコンと英語でお説教していた。頼もしい。田村ドクターは、博報堂にいい男いてまへんか、いい娘ですよ、と笑いながらいう。

隣のシアターで、映画が始まる。「五線譜のラブレター」(04カンヌ国際映画祭クロージング作品)コールポーターの半生だ。リンダの勧めでニューヨークのブロードウエイからハリウッドの映画の主題歌へと移り住む中で、二人の間に亀裂が生じる。ニューメキシコのサンタフェ辺りに引き籠もったリンダに、ポールは自棄を起こして落馬する。それが元で、ピアノのペダルが踏めなくなったポーターは、失意のどん底に墜ちる。流産の悲しさに追い打ちをかけるように、リンダは肺ガンに冒される。
何度も乗り越えた二人の愛をポーターは、すべて曲にしていった。生涯に870曲も作曲したポーターが、傍観者となって、ストーリーの展開に絡む構成を採った映画。
「私が愛するように、私を愛さなくていいのよ。ただ私だけを愛してくれれば」このリンダの言葉は、胸に刺さった。ラストに出てくるバラも印象的だった。
「スペインで咲かせたバラだよ。本来、合わせることが難しい花と花を掛け合わせたのだよ。名前は、リンダ・ポーター・ローズと言うのだよ」
リンダの病床にポーターが持ってきたバラだった。

もうすぐ、僕らも結婚記念日を迎える。占いでは、決して相性の良いとは言えない二人だったそうだが、O型でアバウトなのに強気な下町育ちの彼女が居たから、A型の喧嘩早い僕が大怪我もせずに今あるのだ。
いま、妻が創っている花も「リンダ・ポーター・ローズ」かな。

夕食は久しぶりに、高橋夫妻と一緒になった。自分が仙台の仕事を16年もしてきたせいか、なんとなく親しみは強い。高橋さんが刺身を並んで4人分運んできてくれた。
白ワインが今晩は美味しい。もう4杯も重ねた。高橋さんは、初心者相手のデッキゴルフでは、中級の域。気分がいいようだ。ダンスを止めて、早く一軍に上がってくるように頼む。ワインの勢いで奥さんの美知子さんと今夜踊る約束をしてしまった。


仮装のマスカレードは、20時頃に6階のスポーツデッキに出てくるはずだ。その時間になったら借りに行こう。先回は、夕食の時からカリビアンナイトの服装だった。だから、仮面を付けようが髭をつけようが、青い毛のカツラを着けようが、ばれていた。
リピーターは、夕食とカリビアンナイトの服装を着分けていた。今回は、遊び心でわざわざ着分けてみた。先回のようにカツラがあったりすると面白いが、どうだろう。所詮、僕はひげ面で、ばれるのだが。

全面親父顔の半透明仮面を付けた。本人よりもより気弱な性格を強調する顔だった。その顔に3年前ハミルトンで買った派手な花柄のシャツを着た。妻のマスカレードは派手な羽根付きだった。衣装は、ハワイロケの土産で買った25年も前のモノを持ってきたようだ。先回は、フィージーで買ってきたパレオだった。

ウッドデッキで滑りは悪いが、ダンス曲になった時、約束の女性と踊った。佐賀の和田希公子さんであり、名古屋の高木敏恵さんであり、仙台の高橋美知子さんだった。
彼女たちは夕食時から同じ服装だったから、仮面をつけていても、見覚えのある服装で知ることが出来た。尤も、ご主人と踊っていることから、それとすぐに判るものだが、しかし、名古屋ジルバを教えると約束していた西出さんの奥さんは、探しきれなかった。
眼以外は塞がれている僕の仮面は、吐いた息が汗と一緒になってサウナのようだった。踊りが激しくなると、開いている眼の穴がずれてくるのと、アルコールの酔いとで、身体だけが動いているに過ぎない。

アシスタント・クルーズ・ディレクター蘇君の兎衣装とダンスの若手先生のスーパーマンは決まりのコスチュームだった。カメラを手にシャッターを切ろうとして、先回の蘇君と寺本さんとのコンビが消えたのが寂しいと感じた。掛け合いもなく、蘇君が孤軍奮闘で場を盛り上げる役を担っていた。あらためて、寺本さんの存在の大きさを知ることになった。セーラー姿になって、軽妙なやりとりを交わしていた3年前の彼女、賭場で片肌脱いでサイコロを振っていた、切れのいいセリフ。いま何処かで、コンサートやファッションショーのMCをしているのだろうな。

ひさしぶりに、いや3年ぶりに妻と踊った。我々にとってこのカリビアンナイトは、ダンスが出来るということを解って貰うには格好のチャンスだった。しかし、中川三郎直伝の、あのマジックステップをどうやら妻は忘れてしまったようで、早いリズムでそれを採り入れると戸惑っていた。渡辺登志さんと踊ってみたかったが、彼女は腰を悪くしているので、遠慮した。彼女は、デッキに出てきていたのだろうか。

朝のウオーカーから、夜のダンスまで、ひさしぶりに汗ばんだ1日となった。ぐっすり休めるだろう。

最終更新日: 2015年 7月 24日(金曜日) 12:47
このカテゴリの他アイテム: « 060608 大西洋カリブ海

はじめに

萩原高 徒然なるままに、書きますが、街で耳にしたこと、眼に入ったこと、などなど、生活を変えるかもしれない小さな兆しを見つけたいと思います。
« 10月 2017 »
月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜 日曜
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31